卓球動画ブログ

卓球選手別の動画を紹介するブログ。石川佳純、福原愛、平野早矢香、四元奈生美、水谷隼、丹羽孝希、岸川聖也、カットマン松下浩二、ティモボルなど、ユーチューブで見つけたスーパープレイやおもしろムービー。最新の世界ランキングも。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PageTop
2009年1月に現役を引退した松下浩二選手の全盛期の頃(2000年)の動画。対戦相手はヨーロッパNo1の実力者ティモボル選手。当時松下は33歳、ティモボルは19歳!と若い。

くるっと一回転したり飛び跳ねたりする軽やかな動き、そしてカットマンでも攻撃していくという松下らしさが凝縮された珠玉の動画。


卓球動画タイトル:Koji Matsushita vs Timo Boll, 2000
動画説明文:
動画再生時間:2分14秒





プレイスタイル

従来のカット主戦型は、カットで粘り、相手のミスをひたすら誘うタイプが多かった。しかし、松下は積極的に攻撃を仕掛ける。カットでチャンスを窺いながら、隙あらば攻撃を仕掛ける。中学時代のときは「カットマンなのに攻撃ばかりしてせこい」という野次をあびたことがあったとインタビューで語っている(同様なことは渋谷浩にもいえる)。攻撃の際は、攻撃型以上に強いスマッシュ、ドライブを連打する。カット主戦型はあまり弾まないラケットを使うのだが、日ごろのトレーニングとフルスイングによって力強い攻撃が可能になる。攻撃だけでなく、武器であるカットも非常に回転が重く、元全日本監督の前原正浩によれば「相手は鉄アレイを持ち上げながらスイングするようなもの」と解説している。サーブはバックサーブがメインで、短いトスのサーブとミドルトス(頭を少し越える程度のトス)のサーブを使い分ける。また、勝負をかけるときにはフォアサーブに切り替える。長期に渡って活躍してきた事により培ってきた経験、その豊富な経験を活かした巧みな戦術が持ち味で、これらは41歳になった時も健在であった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。