卓球動画ブログ

卓球選手別の動画を紹介するブログ。石川佳純、福原愛、平野早矢香、四元奈生美、水谷隼、丹羽孝希、岸川聖也、カットマン松下浩二、ティモボルなど、ユーチューブで見つけたスーパープレイやおもしろムービー。最新の世界ランキングも。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PageTop
2005年世界ジュニア選手権男子シングルス決勝の卓球動画。

この試合では水谷隼は負けて準優勝になったわけだけど、水谷隼が「何十年に1人の天性のボールタッチ」と言われる所以がよくわかる動画だ。他の選手には見られない、非常に独特な柔らかなボールタッチなのだ。

まだ18歳だし、岸川聖也とともにこれからがすごく楽しみな選手。2008年北京オリンピックでの活躍を期待している。


卓球動画タイトル:TT-Action.de: Mizutani vs Baum
動画説明文:Final Youth Worldchampionchip 2005. German Patrick Baum vs Jun Mizutani of Japan. Sorry for poor Imagequality but the sound is very authentic ;-)(2005年世界ジュニア選手権決勝。ドイツのパトリックバウム対日本の水谷隼)
動画再生時間:59秒





プレースタイル

左利きシェークハンドドライブ型。小さい頃から天性の卓球センスを持っており、柔らかいボールタッチと高い身体能力を生かした万能型のプレースタイルを取る。ラリーにおけるボールのコースの読みに優れ、ブロックを有効な戦術として用いることのできるヨーロッパ型のタイプである。日本卓球協会のコーチであるマリオ・アミズィッチによればブロッキング・ゲームを主体に戦える数少ない逸材であるという。 得意な面はサーブとフォアハンド、そしてミドルのブロック、またロビングも得意である。 日本卓球の前原正浩強化本部長は「何十年に1人の天性のボールタッチ」と語っており、日本から長く遠ざかっている五輪や世界選手権でのメダル奪取に大きな期待がかかっている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。